大切な本

様々な用事の合間を縫っては、

料理の本を読みます。
子供の頃から本を眺めては料理を想像するのが大好きでした。
そして、その料理が食べられたらなんていいだろう!とも。
母は料理に深い興味を持つ人ではなかったので、
本のような料理が出てくることはありませんでしたが。
そして私もその血を引いたのか、
料理が苦痛で逃げ出したい!程の味覚音痴でしたが、
紆余曲折を経て、
最近になってようやく楽しめるように。
料理の本もじっくり楽しめるようになりました。
最近はコノフミコさんの本が大変好きで、
いつも持ち歩いています。
この方の料理は、
作ってみるととても楽しいのです。
自分と対話するような
そんな空気が生まれて、
とにかく手をかけて、
でもそっと見守ってという、
一見真逆な方向性にみえるようでも
実は寄り添っている、
そんな料理ばかりなのです。
慈しみを持って食材に向き合う姿勢のコノさんの料理は、
どんな味なのだろうと、
またもや妄想に駆り立てられる今宵です。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る