3月7日から10日の昼膳

身体を横たえて耳をすますと、雨音が聴こえる。静かな春の雨。空気も柔らかく、呼吸も穏やか。ふと、視界の先にある記憶が、さらりと流れ出す。時間は、流れとともに状況に変化をもたらす。望む、望まないなどの意思は関係ない。ただただ、流れのままに。美しきは、我にあり。悪しきも、我にあり。どちらも表裏一体で、変わらぬのは、流れているということ。

穏やかな雨音の中、思い出すのは、水仙の香り。

今週の昼膳

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のおひたし

玉子豆腐

ふろふき大根

ふきのとうの天ぷら

飛竜頭のあんかけ

八頭の揚げもの

塩豚のスープ

お漬物二種

柚子のソルベ

冬のお菓子も、お別れの季節。芽吹きの春が始まっている。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る