2月7日(木)から10日(日)の昼膳

2月に入りました。自分にとって2月は誕生日月。幼き頃、母が、雪のちらつく寒い日に私が産まれたのだと話してくれました。だからか、2月に雪が降ると、とても落ち着きます。3人年子の末っ子の私。身体の弱かった母は、私を妊娠した時、もう無理だと父に言ったそうです。すると父は「お願いだから産んでくれよ。」と。結果、3人目にして女の子が産まれて、母は嬉しくて、嬉しくて、何日も眠れなかったと聞きました。また私の名前をつけたのも母でした。最近になって、名前の妙という意味を調べました。子供の頃から、女が少ない子、なんていやー!と思っていたので、調べるなんて考えもしませんでしたが、今では母らしい名付け方だなと感謝しています。名前に相応しい女性になりたいものです。私が24歳の時、50歳で旅立った母。最期まで母のそばにいて、母の手の力が抜けて行くときのことは、優しく切ない記憶として残っています。そう、私にはどこか、不思議な月なんですね。

今週の昼膳

土鍋炊きの菜っ葉飯

青菜のおひたし

本枯節のお味噌汁

玉子豆腐

季節のかき揚げ

里芋の胡麻団子餡掛け

ふろふき大根

白和え

お漬物2種

木瓜のゼリー

今週は檸檬ケーキを焼こうと思います。甘酸っぱい、2月らしい薫りを。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る