説明するということ

最近、近しい人々にもっとお店のこだわりなどを説明していったほうが良いとのご指摘を頂く事が多くなってきました。

説明する気が無いわけではありません。正直なところ、苦手なだけなのです。

美しい言葉がつるつると出てくるわけでもなく、難解な言葉を駆使することもできません。
できることと言ったら愚直な説明ぐらいです。それでも良ければと少しずつ言葉をつけていこうと思います。

今回はバレンタイン向けにお作りしています、MaiCafeのチョコマカロン

一般的なマカロンはイタリアンメレンゲという安定した品質のものを作れる方法で作られています。この方法だと糖分の量も多く、とても甘いものしか作れません。当店はフレンチタイプで糖分もイタリアンに比較して控えめに作られております。マカロンの歯に詰まって嫌な感じもありません。

中に挟んでいるのは、チョコレートのガナッシュですが、チョコレートはフランスのカオカ社の有機チョコレートです。トリニタリオ種を100%使用し、バニラ無添加なので苦味が少なくカカオの風味が豊かです。そこに、フランス産のオーガニックオレンジリキュール(EU認定)で大人な余韻を追加しました。

MaiCafeのチョコマカロン

華やかめの中煎りの珈琲と合わせるとよろしいかと思います。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る