朝の影

朝、

目を覚ますと
壁に写し出される
光と影。
今まで知らなかった扉が
そこにはあるようで、
その扉を開けてみたくなる。
知らない扉を叩くことに、
とても気の小さい私は
いつもまごついていたけれど、
歳を重ねるごとに、
渡ってきた石橋の強さを知って、
向こうへと行ってみたい誘惑に駆られる。
知らないことばかりで埋め尽くされた世界は、
私をどんどん変えてくれるだろうか。
結局は大したことなんてできなかったと、
いづれ振り返って笑っているかもしれない自分と、
知らない世界に期待して、
扉を開けてみようとワクワクする
の自分との間に残された
時間。

与えられた時間を
大切に、大切に。
先日お芝居を観に行って、
ちょっと考えたくなった
ある秋の一コマ。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る