母親であること

21歳になったばかりの時に初めて出産を経験をし、

それから15年経った今は、 
5人の子供たちに囲まれて暮らしている。
この15年は嵐のような様々な出来事が起き、
哀しみも喜びも全てを共にしてきた子供たち。
長男が5歳の頃、
途方に暮れた私は息子の前で、
「お母さんどうしたらいいの?」と泣いたことがあった。
息子は一言。
「お母さんはいつも僕たちに自分で考えなさいと言ってるよ。自分で考えないとダメだよ」と。
余裕のない私はきっと子供たちを温かく見守ることより、
そう言っては突き放していたのだと、
小さな息子を前に血の気が引いた。
5人の子供が産まれる度に、
私もずいぶん変わったと思う。
それに振り回された子供たちは、
どんな想いを抱えて生きてきただろう。
自分の世界に閉じこもるのに本に没頭していた息子。
小学生の頃には自分で小説を書くほど表現を知り、
学校から帰ってくると必ず新聞を読むようになった。
新聞は心のスイッチを切り替える大切な活字なのだ。
ゲームの合間にも手元に図鑑などの本を置いては読む。
その息子からの卒業の手紙が、
あまりにも無邪気で馬鹿げていて落胆したが、
ふとこれまでを思い起こすと、
あの手紙は彼なりの不器用な甘えだったのだなと気付いた。
何故なら彼は妹達が産まれる度に
誰よりも世話をし、
週末の家族のご飯の世話をするなど、
大人と同じぐらいに家事炊事で働いてきた。
手紙の内容と現実はかけ離れていて、
大人と同じように家族を支えてきたのだから。
おんぶ紐で妹を抱っこする姿を、
スーパーで知り合いに見られても、
恥ずかしいなんて言わない程に当たり前の我が家の暮らし。
子供たちの支えがないと、
生活が回らない日々。
そんな息子からの手紙。
昔の私なら、
「しっかりしなさい、時と場合を自分で考えなさい」
と息子を叱っていただろう。
幼き頃にしっかりと受け止めてあげられなかった心を、
私はようやく受け止められたのかもしれない。
言葉にはならない想いが、
それぞれにある。
それらをうまく伝え合うのは、
なんて難しいのだろう。

明日は2女の卒園式。
そして4月に入ると息子の入学式。
春休みでみんないるから、
全員を連れて行かないと出席できないよ、との問いに、
「じゃあみんな連れて来れば」との返事。
兄の入学式には妹総勢4人で出席です。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る