7月18日(木)から21日(日)の昼膳

大切なことを思い出しながら、生きる。そんな齢。新しく起きることは、流れのままに。流れを追いながら、想い出を重ねながら。父の残した九州の家を、全てキレイに片付けた。全ては記憶と結びつき、手放しがたいものであるが、残すべきものは、心の中の記憶だと。最後の父へのお務めと、家を丁寧に拭き掃除した。そりゃあ涙も出ます。ポロポロ。優しい記憶が詰まっていますもの。そう、それでいい。心のままに。結局は自分で解決することなのだろう。ただ、涙すら出なかった時、涙がようやく出るようになった時、涙も温もりだと感じた時、いつも寄り添う人がいてくれた。自分の足で立てるように。ただそれだけを願っていてくれたように思う。涙も喜びも優しさも、感じることのできることが、何より生きているってことなんだろーな。

今週の昼膳

土鍋炊きの白飯・いりこ出汁のお味噌汁・隠元の白和え・玉子豆腐の揚げ出し・塩豚のスープ・切り干し大根の胡麻酢和え・季節のかき揚げ・ふろふき大根・じゃがいもの粉吹き芋・お漬物二種・苺のソルベ

さあさあ、チョコレートに戻ろう。焙煎機とモニター・焙煎香に包まれる。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る