鳥の鳴き声で目覚める日曜日

鳥たちの声は、美しい。

蝉の声も、優しい。

朝の光は、窓からの景色を優しく伝えてくれて、布団でゴロゴロする時間をそっと包んでくれる。

窓から見える栗の木は、日毎に成長し、愛おしさを増す。

大切なお客様と、今年の栗の渋皮煮の話をしては、季節の移ろいに想いを馳せた昨日。

栗の火の入れ方を聞くと、食材へのオマージュを感じる。

そう、その気持ち。

大切な人達が会いにきてくれるmaicafe。

お店を通して、言葉と笑顔と想いを交換する場所。

家族で築いてきた心地いい空間。

そして、どんな時も、周りの自然は、優しく寄り添っては包んでくれる。

欲が沸き起こってきても、自然とともにあると、すーっと身軽になっていく。

鳥の声で目を覚ますと、いつも身軽な自分になっていて、幸せな気持ちで1日が始まる。
夫は、これから裏に小屋を作るらしい。

そしてその小屋では、大切な人たちとお茶を飲めるようになるらしい。たまには寝泊まりも。

昨日はチェンソーで木を切り倒しては、材料にしていた。

そう、それはきっと秘密基地。

もっと森に近づいて、彼はもっと自然と共に暮らすのだろうか。

どんな生き方が、自分らしいとか、ちっともわからないけれど、

自然の声や音とともに生きることは、とても心地いいことだと感じている。

それだけが唯一の結果でしょうか。

この地へ来て、11年目。

私たち家族を受け入れてくれたこの土地に感謝します。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る