12月6日(木)から10日(日)の昼膳

12月というのに、日中の陽射しが強くて、木陰に入りたくなる水曜日。師走という言葉が空回りするような暖かい年末です。夜の作業も天窓を開けながらでもちょうどいいくらい。ただ、こんな気温の時期には、虫の声が優しく響くのですが、聴こえてくるのは、時計のチクタク音。もうすぐ日付が変わりそうです。みなさん、今日はどんな1日でしたか?慌しい日々に、なかなか会えないあの人、この人の顔を思い出しては、夜は更けていきます。大切な人たちが、どうぞ穏やかな日々でありますように。

今週の昼膳

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のおひたし

玉子豆腐

塩豚のスープ

風呂吹き大根

ソーメンカボチャのお酢の物

季節のかき揚げ

里芋の揚げ餡掛け

お漬物2種

柚子のゼリー

今週も心よりお待ちしております。

若鶏ボリスブラウン達が、沢山卵を産み始めました。この卵が、玉子豆腐に、お菓子になります。

11月29日(木)から12月2日の昼膳

月曜から水曜日にかけて、様々なところへ足を運びました。器を見たり、手作りする方の仕事を見たり、あるいは古道具を見たり。そして水曜日は、以前から気になっていた岡本美容室さんへ。そこは今まで経験したことのない空間ながらも、心落ち着く懐かしい場所でした。たった一人で全てを行う彼は、手が何とも優しく穏やかで、驚くような心地よさでした。お人柄なのでしょう。またお店の空気感も、やはりその方そのものなのでしょう。所作も心も美しいなと思いました。学びの多い、良き出会いの時間となりました。求め続けることが、何より大切なのですね。

今週の昼膳

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のおひたし

切り干し大根の胡麻酢和え

玉子豆腐

塩豚のスープ

風呂吹き大根

里芋の揚げ餡掛け

春菊のかき揚げ

お漬物2種

季節のゼリー

今週もよろしくお願いいたします。

一人の手で作られるザックたち。昔と違って、山道具も面白い世界が広がっていました。何より店主の方の空気感が、お店を温かく包み込んでいました。

11月22日(木)から25日(日)の昼膳

午前零時。雨音は続く。ひやりとした空気に包まれながらも、お布団の中が少しづつ温まっていくのが、なんとも心地いい。日付は変わったが、1日の出来事を思い出す。そう、今日も沢山のマカロンを焼いた。艶のある、美しい生地だったなと、1人笑顔になる。そして、ステキな本のことも思い出す。「あんこの本」という、何よりあんこ愛に富んだ本の作者が、次は京都の中華という本を出した。私もあんこが大好き。水っぽいあんこと、みずみずしいあんこは別物であると教えてくれたその本は、あんこ好きに拍車をかけた。そんな本を書いた方の本だもの。絶対いい、はず。そんな風に日常の楽しみを、ひとつひとつ選び重ね、暮らしを豊かにしたいと願う。ある人が言っていた。心を穏やかにするのに必死だと。私も同じなのかもしれない。波を穏やかにするために、自分に集中するのだろう。実は豊かな心の下では、たくさんの哀しみが支えてくれているのかもしれない。

今週の昼膳

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のおひたし

玉子豆腐

里芋の揚げ餡掛け

春菊のかき揚げ

風呂吹き大根

塩豚のスープ

切り干し大根の胡麻酢和え

お漬物2種

柑橘のソルベ

11月15日(木)から18日(日)の昼膳

今日は月がとても明るい夜。西の低いところに、三日月の綺麗なお月様。1人でマカロンを焼きながらも、お月様も一緒だと思うと、ちょっとうきうきします。それもとびきりの三日月。凛と張り詰めた冷たい空気は、月をより美しく魅せ、マカロンさえもいつもよりちょっと美しくなる、そんな気がしてくるほどです。どんなに時代が目まぐるしく変わっても、人の感覚は、アナログのまま。そう、月を美しいと愛でる心は、昔からちっとも変わっていないのでしょう。昔の人の眺めた月を、今夜の私も眺めている。それだけで十分に幸せなのです。

今週の昼膳

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のおひたし

ふろふき大根

玉子豆腐

里芋の揚げ餡掛け

春菊のかき揚げ

冬瓜の含め煮

塩豚のスープ

お漬物2種

季節の寒天寄せ

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

どんどん焼きあがるマカロン。

11月8日(木)から11日(日)の昼膳

家族のハンカチを入れている引き出しがあります。たまに、その中のハンカチを全て綺麗にアイロンがけをしたくなる事があります。子供の頃、母はいつも、デパートに並べられたハンカチのように、きっちり引き出しにしまっていました。子供の自分が一枚引き出すと、どうしても乱れが起きてしまう。それなのに次に引き出しを開けるときには、また整然と並べられていたものでした。アイロンをかけながら、そんなことをふと思い出します。そして一枚一枚に思い出があって、なかなか手放せないものも多いのです。最近、こころに溜め込んだ色んなものを整理していくように、今夜はアイロンをかけ続けました。

今週の昼膳

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のおひたし

玉子豆腐

ふろふき大根

里芋の揚げ餡掛け

季節のかき揚げ

塩豚のスープ

冬瓜の酢の物

お漬物2種

かぼすのゼリー

今週もよろしくお願いします。

マカロン、はじまりました。

11月1日(木)から4日(日)の昼膳

2週間のおやすみを頂き、無事に工房創設は進行しました。そして初めてのイベント「森のレストラン」も、柔らかい余韻を残して無事に終わりました。森のレストランは、地元の食材・材木など、できる限りこの土地のものを利用して行われる一日限りのお食事会。今回、初めてということもあり、関係者を招いて開催いたしました。自分の思い描く森のレストランを、いかに表現するか。5ヶ月間に渡り、準備に奔走してきましたが、多くの方に支えて頂きながら、最後は喜びの一日を過ごすことができました。これから、ますます精進せねばと、襟を正す想いです。

今週の昼膳

土鍋炊きのムカゴご飯

鰹だしのお味噌汁

青菜のおひたし

玉子豆腐

塩豚のスープ

蓮根のきんぴら

風呂吹き大根

春菊のかき揚げ

里芋の揚げ餡掛け

お漬物2種

かぼすのゼリー

今週もよろしくお願いします。

姫林檎は甘く蜜煮に。それをさらにタルトに焼き込みたい。

10月11日(木)から14日(日)の昼膳

新しい何かに変わっていくとき、それまでの物事は崩壊する。それを良しとするのか、否定するのか。それが人生を生み出すように思う。崩壊を食い止めようとする時もあれば、崩壊と変化をそのまま受け入れる時もある。崩壊が起きる時、自分自身のバランスも崩れやすいので、否定の行動になりがちだが、その時は自分自身を知ることが、何よりの良き策を生み出す。人は自分自身を知るために、生きているのではないかと、アラフォーになりつくづく実感する私です。いつも自分自身に一番驚かされています。

今週の昼膳

土鍋炊きの白飯

鰹出汁のお味噌汁

冬瓜の酢の物

青菜のおひたし

里芋の揚げ餡掛け

イチジクの柚子釜蒸し

塩豚のスープ

季節のかき揚げ

玉子豆腐

お漬物2種

木瓜のゼリー

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

10月4日(木)から7日(日)の昼膳

雨ばかりの日々に、ようやく切れ目が。昨日・今日と、とても気持ちの良い秋晴れでした。そんな中、やることは山積み。だからこそ一つ一つをこなしていく。家族みんなの衣替えをして、大工仕事をして、打ち合わせをして、子供の勉強に付き添って。前に進むしか、選択肢はなさそう(笑)。

今週の昼膳

土鍋炊きの白飯

鰹だしのお味噌汁

青菜のおひたし

玉子豆腐

蓮根のきんぴら

塩豚のスープ

蓮餅の餡掛け

冬瓜の酢の物

お漬物2種

木瓜の実 ゼリー

眠りながらブログを書いていたら、途中おかしなことになっていました笑。すみません。今週もよろしくお願いいたします!

秋の優しさ、秋のおおらかさ。

9月27日(木)から30日(日)の昼膳

土砂降りの夜。雨が屋根を流れます。どうしてこんなに降り続けるのでしょう。今夜は空気もひんやりとして、お布団にくるまっています。こんな雨の日、山の動物たち、蝶々や虫達は、どのように過ごしているのでしょうか。昔、母が言っていました。「とっても貧乏で、トタン屋根の家だったけれど、小さい頃、雨の日には、家があって幸せだなあって雨音を聞いていたよ」と。私も子供の頃、窓近くに頭を寄せて、雨音を聞きながら、昼寝をしたものでした。雨はいろんな思い出を引き連れてくるようです。

今週の昼膳

土鍋炊きの白飯

赤出汁の味噌汁

青菜のおひたし

塩豚のスープ

玉子豆腐

季節のかき揚げ

茄子の揚げ浸し

さつまいもの金団

冬瓜の含め煮

お漬物2種

自家製チョコレートアイス

今週もよろしくお願いします。

もうそろそろ栗の渋皮煮が始まります。

9月21日(金)から23日(日)の昼膳

今日は臨時でお休みを頂きまして、申し訳ありませんでした。珍しく苦手な病院へ行ってきました。どうも体調回復が捗らず、お薬を頂いて、ゆっくり眠っていました。私が動けなくなっても、周りのみんながそれを支えてくれて、歯車は同じように動き続けます。それが何より温かい。こんな時がくるとは、1年前には想像すらできませんでした。

昨日は昼間に1人で散歩をしました。ある人が言いました。「たえちゃん、ちょっとでもお散歩するといいよ。切り替えの時間が大切だよ。」って。そして、こうも言いました。「今は大変な時期だけど、それをやりこなすしかない。だってそういう時なんだもの。」と。なんて優しい人なんだろうと、心の靄が晴れるようでした。逃げるのではなく、自分をコントロールすることで乗り越えることを教えてくれました。その人は、プロゴルファーの達也さんです。それだけやってきた人が言うんだもの。間違いない。昨夜はゆっくりゆっくりと塩豚に火を通しました。私にできることは、心を込めて料理すること。それだけしかないよなぁなんて思いながら。料理の中でもお散歩のような余白も、大切なようです。お肉はとてもふっくらと仕上がりました。明日はお店でお待ちしております。

今週の昼膳

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のおひたし

ひじきの煮物

玉子豆腐

塩豚のスープ

季節のかき揚げ

焼き茄子の煮浸し

冬瓜のさっぱり煮

お漬物2種

梅とカボスのゼリー

今週もよろしくお願いします。

栗拾いをしては、見せに来る娘。