自転車

久しぶりに自転車に乗ってみた。

卒業する娘の自転車。学校まで5キロちょっとを、3年間行き来したツワモノ。そもそも夫が中学生の頃に乗っていた自転車で、20年以上経つが、まだまだ軽快に走る。

夕暮れ時で、空から青がひき、代わりに黒が降りてくるそんな時間。

そんな視界がぼやける中、どんどん飛び込んでくるのは、たくさんの香り。

どこかの夕餉の香り、咲き乱れる水仙の香り、姿は見えなくともはっきり現れる桃の花の香り。

いつもお店に家に篭っていて、ちっとも気づかなかった香り。

どうして忘れていたんだろう。

こんなにステキなことを。

どんな季節の移り変わりも、全てが新しく、全てが初めてで、子供の頃はいつもクンクンしていたのに。

ぎゅっと子供の頃の感覚が蘇る。

ところが大人になったワタシは、その感覚をどうすれば良いのか、とポカンとしてしまった。

心地いい感覚。

なのに、戸惑いもする感覚。

ポカンとしながら、

いつのまにか、

またクンクンと何かを嗅いでいた。

ローズマリーの花は、優しく穏やかな香り。