夏の花

山際にいくつものねむの木があります。

朝目覚めて窓をみると、
淡い桃色の花が風に揺られては、
ふわりふわりと落ちてきます。
鳥たちも色んな種類がいるようで、
近くから遠くからたくさんの声が聞こえてきます。
以前行った西表島で、
朝早くに海まで散歩に出ようとすると、
朝の清々しい空気に、
木でできた小さなトンネルを抜けて行く中で、
どこからともなくアカショウビンの声が聞こえてきて、
なんだか懐かしく感じたことがありました。
初めての光景なのに不思議と懐かしい。
今ねむの木を眺めながら、
そのことを思い出して
でも夢のようにすぐに忘れてしまいそうで、
書き留めています。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る