今年も野イチゴのジャム販売します

今年は庭のグミの木に、たくさんの果実が実っています。
今までは鳥たちとの競争で、
本当に美味しくなったところを、あっという間につばまれていたのですが
今年は、そのまま熟れて地に落ちてしまうほど、残っています。
あれれ?
鳥たちはどうしたことでしょう。
そういえば、庭の木々にやってくる鳥の鳴き声が、今年はあまり聞こえてきません。
競争もせず、いとも簡単に食べれることに
なんだか寂しさを感じます。

店頭販売商品について

梅雨の気配を感じ始めるころ、山の茂みには野イチゴが実ります。
ほんのわずかな実を、少しずつ集めて集めて
今年も野イチゴのジャムが出来上がりました。
どうぞ野性的な酸味とともに野の香りを、お楽しみください。

ミントティーを今週よりお出しします。
またミントティー用の乾燥葉を店頭にて販売いたします。
こちらもどうぞご利用くださいませ。

野イチゴのジャム 一瓶500円
ミントティー乾燥葉 一袋450円

4月のこと

これは、排水管に侵入していた木の根です。どうも、排水がされないと思っていたら、このような事になっておりました。長さは1.5メートル程ありました。

これは、合鴨の卵です。

これは、烏骨鶏。

柿の新芽です。

ゴールデンウィークの営業について。

桜の散る時期となりました。
桜が目立たなくなると共に新緑が勢い増長してきております。

今年のゴールデンウィークの営業のお知らせです。
5月3日・4日・5日は定休日ですが、営業いたします。
他の曜日は通常通り営業いたします。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

今年になって、家族が病気したり、震災の影響等でずいぶんと営業内容を変更してまいりました。
そのたびに、お客様にはずいぶんご迷惑をおかけしましたことお詫び申し上げます。

4月に入り、子供たちも小学校が始まって、生活に落ち着きが出てきたように思います。
ただ、日々放射性物質の飛散状況をチェックしては、今日は外で遊んでも大丈夫だろうかと
夫婦で検討することから一日が始まります。
こういう時代を許容してきた、今までの自分が情けなく、
また世の中の子供たちには、申し訳なさで、胸がふさがる思いです。
今、子供を守っていくことの責任の大きさを痛感しております。

マイカフェでは、まいほろというお菓子をお出ししております。
日々、試行錯誤の繰り返しでしたが、
ようやく自信を持ってお召し上がりいただけるものになりました。
湿度等の気候変化にも左右されますので、出来上がりが微妙な匙加減で変わってきます。
それをようやく乗り越えることができました。
これからは安定的にお出しすることができると思いますので
どうぞご利用くださいませ。

現在のシフォンケーキは、地元の桜の塩漬けのシフォンとなっております。
またプリンは、有精卵のアローカナの卵でおつくりしております。

お知らせ

本日は、昼膳の提供をお休みさせていただきますと共に、土曜日より店の暖房・照明全て切らせて頂いております。

停電時には、水道も使えなくなりますので、汲み置きの水によるかなり限定的なサービスになるかと思います。お手洗いのご利用もできなくなりますので、ご了承ください。

当店は第一地区に分類されております。