9月の営業について

9月の営業カレンダーを更新いたしました。9月より金曜日・土曜日・日曜日の3日営業となります。なお、9月17日(土曜日)につきましては、臨時休業となります。

どうぞよろしくお願いいたします。

8月27日の昼膳

夏になると、料理への意欲が湧いてきます。野菜の種類が豊富になることも、理由の一つ。そして料理に関わる人との出会い、あるいは本との出会いが起きるのも夏。今年も1冊の本を携えて、試作を重ねます。

さて最近のメニューに登場する塩豚。こちらの豚肉は近くの養豚農家の方が、自分のところの豚肉を月に一度分けてくださいます。新鮮な豚肉はモモ肉であっても柔らかく、シンプルに食べるのが一番美味しい!4時間煮込んだ豚肉と野菜と塩のみの優しい煮ものスープです。

明日の献立

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

つるなのおひたし

玉子豆腐

塩豚と野菜の煮物

季節のかき揚げ

茄子の揚げ浸し

サツマイモのキンピラ

ラタトゥイユ

お漬物2種

季節のゼリー

明日もよろしくお願いいたします!

明日8月21日(日)の昼膳

雨が続く週末。暑さに湿度が加わると、動きも鈍くなりますね。こんな時はお野菜をたくさん食べて、身体のバランスを整えたいものです。

夜になり、赤子のれいを布団に連れて行くと、一枚の絵が置いてありました。そこには女の子が2人描かれていて、そばには「たまとしい」の文字が。要は玉と志衣、娘2人の名前。5歳になった志衣が初めて自分で覚えた文字は、たまとしいだったようです。

いつも2人でいる玉と志衣。半年もするとまた1人加わって、3人で遊び始めたら、どんな文字が書かれることでしょう。今日スーパーで買い物をしていたら、「今日のお肉はこれ!」というポップを見つけて、「れいのれだ!」と喜ぶ志衣でした。

明日の献立

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

つるなのおひたし

揚げ出し豆腐

ラタトゥイユ

玉子豆腐

白和え

季節のかき揚げ

翡翠茄子のさっぱり和え

お漬物2種

季節のゼリー

明日もお待ちしております。

8月20日(土)の昼膳

友人が久しぶりに会いに来てくれたり、こちらから出かけたりと嬉しい再会が続く今夏。友人と共にする食事は、なんとも優しい時間に。そして別れの時には、前に進むための勇気をいっぱいにして互いに手を振ります。連絡をこまめに取らなくても、繋がっていることを素直に信じることのできる友人たち。どうか、みんなが優しい気持ちで日々を過ごせますように。

明日の献立

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

つるなのおひたし

揚げ出し豆腐のきのこ餡かけ

ラタトゥイユ

隠元のアンチョビ炒め

翡翠茄子のさっぱり和え

カボチャの煮物

白和え

お漬物2種

梅ゼリー

明日もよろしくお願いいたします。

8月14日(日)の昼膳

朝の5時、仕込みを始めるためにお店へ行くと、辺りの田んぼには水を管理しに来る人や、散歩する人などがいます。涼しくて動きやすいのでしょう。蝉の声も少しづつ増えてきて、7時前になると、ちびっ子2人がお店に飛び込んできます。そこで一旦朝ごはんのために家へ。

みんなで頂きますをして、食べ終わる頃には、今日の手伝い分担発表。上の2人はお茶碗洗い、洗濯、掃除機、昼食用意から2つづつ。下2人は、お皿拭きとお風呂掃除などなど。こうして1日が始まり、仕事は進み、ようやく夕方に。みんなで外に出て草刈りやら芝刈りやらと外仕事。暗くなると夕飯を食べてお風呂に入って、流星群を見て…。子供たちとの時間は、日々同じようで、でも其々に成長していて、私にもチラホラと白髪が増えてきました。こうして相応に歳をとり、ほんの少しでもいいから誰かのために生きようと思えれば、これ以上の満足な日々はありません。手伝いは、家族という小さな単位での「人のために生きる」ことなんだと、子供達に支えられて気づきました。

明日の昼膳です。

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

つるなのおひたし

インゲンの白和え

塩豚の煮物

茄子の味噌炒め

南瓜の煮物

玉子豆腐

季節のかき揚げ

お漬物2種

季節のゼリー

明日もよろしくお願いいたします。

 

明日8月13日(土)の昼膳

石垣島からパイナップルが届きました。一昨年お世話になった宿の方が、丹精込めて育てたパイナップルです。またいつでも来てくださいよ〜という言葉に、南の人の人懐こい優しさを感じます。優しがいっぱい詰まったパイナップル。心を込めて頂きます。

明日の昼膳

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のおひたし

蒸し鶏の胡麻ソース和え

夏野菜と豆腐の揚げ煮浸し

茄子の味噌炒め

季節のかき揚げ

玉子豆腐

じゃがいものシャキシャキ炒め

お漬物2種

季節のゼリー

明日もよろしくお願いいたします。

8月7日の昼膳

今日は地元のお祭りでした。地元というのも本当に小さな区切りで、みな顔見知り。

出される食べ物も地元の食材を使ったり、ピザも全て手作り。即席の釜で焼いてくれます。

テーブルに並べられたお新香は、あそこんがのおばあさんが作ったものだとか、地元の言葉も飛び交います。

普段なかなか会えない地元の人たちとの大切な交流の場、夏祭り。

優しい夜風がみんなを包み込んでくれました。

明日の昼膳

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のおひたし

ぎせい豆腐

季節のかき揚げ

玉子豆腐

飛竜頭の煮浸し

ラタトゥイユ

塩豚の煮物

お漬物2種

季節のゼリー

明日もよろしくお願いいたします。

 

8月6日(土)の昼膳

高校生活の息子は毎日お弁当を持っていきます。

5月のある日、息子が言いました。「お昼ご飯を食べにいかずに、教室に残ってる寮生がいる。理由はわからないけれど、多分先輩との関係じゃないかな」と。

数日後に息子が「お腹が空いているのを相当我慢しているらしい。忘れ物も増えてきた」と言うのです。

なんとなく気になって次の日、おにぎりを2つ余計に持たせました。

息子は、まだ慣れない学校生活の中では話しかけづらかったようで、渡せずに自分で食べてきました。

今度はお弁当を2人分用意しました。

さすがにお弁当を2人分食べるのは気が引けたようで、渡してみたところ、全部食べてたとほっとしていました。

それから3ヶ月経ちましたが、息子は毎日同じお弁当箱を2人分リュックに詰めて学校へ出かけて行きます。

家庭の味それぞれなので、口に合わないこともあるだろうなと気になりつつも、毎回残さずにきれいに食べてくれるので、とてもありがたいですね。

そして私自身、お弁当に詰めるおかずと、その場で食するおかずでは視点が随分と違うことも、とても勉強になっています。

夜のお茶碗洗い担当の息子は、今日もせっせと2人分のお弁当箱を洗っています。

明日の昼膳

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のおひたし

ぎせい豆腐

塩豚の煮物

茄子の煮浸し

ラタトゥイユ

玉子豆腐

季節のかき揚げ

お漬物2種

季節のゼリー

明日もよろしくお願いいたします。

7月31日(日)の昼膳

お店が終わって、家の周りの草刈りやら野良仕事。時間はあっという間に過ぎていきます。

その後バタバタとお夕飯を済ませ、子供達を寝かしつけて、さあ仕込みへ。

自宅からお店への途中で空を見上げると天の川。星がいっぱい!

1日の終わりにほっとする、ただいま21時52分です。

明日もよろしくお願いいたします。

明日の昼膳(日)

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のおひたし

玉子豆腐

季節のかき揚げ

揚げなすの煮浸し

白和え

塩豚の煮物

切り干し大根の煮物

お漬物2種

季節のゼリー

明日7月30日(土)の昼膳

夕暮れになるとこだまするヒグラシの声。それは夏の暑さを和らげてくれる穏やかさ。

そして窓から忍び寄る冷たい夜風は、1日の疲れを癒してくれます。

いろんな生き物の息づかいに心を奪われるようになってから、何年経ったでしょうか。

年々この土地に身体が馴染んでいくのを実感しています。

朝起きて息子との会話は、今日の空について。

ずいぶん空が青いね、とか空気が重いねとか。

夕方には長女・桃子と今日の夕焼けやヒグラシの話。

日々変わりゆく季節を目の前にして、子どもたちとの会話は途切れることがありません。

日々を豊かに生きる。

答えは全て自分の中に。

-明日の昼膳-

土鍋炊きの白飯

いりこ出汁のお味噌汁

青菜のお浸し

ラタトゥイユ

玉子豆腐

塩豚の煮物

季節のかき揚げ

切り干し大根の煮物

白和え

お漬物2種

季節のゼリー

明日もよろしくお願いいたします。